部屋にあった除湿機を…

除湿機には小型の木造7畳用(鉄筋14畳)の種類から、20畳(鉄筋40畳)くらいの大きな部屋でも活躍できる能力に優れたものまで存在します。

多くの家電器機のメーカーから、充実した機能を持った除湿機が市場に出回っています。
中でも非常に高い人気を誇っている除湿機は、コロナが取り扱うCD-P6311という除湿機です。

コンプレッサー方式で除湿するもので、1時間につき電気代は大体4円と安くなっています。
この除湿機の除湿の力は、木造7畳、鉄筋14畳で、1日あたり5.6リットルの湿気を吸い取ってしまうのです。

口コミの評価をみても、除湿機能はかなりよく、梅雨ようなジメジメした時期でも布団がいつもサラサラ、部屋で干した洗濯物がすばやくカラッと乾くという高評価が寄せられています。

ボタンも多くなく、複雑な操作が要らないので誰でも簡便に使える除湿器です。

しかもサイズもコンパクトで、持って移動できるのもよく売れている秘訣の一つに数えられます。

価格もそれほど高くはないので、高額のものを1台買うのではなく、数台購入して除湿が必要な部屋に置いておくという使い方もあります。

ハイブリッド式の除湿機ではパナソニック、F-YHGX120が人気です。

この除湿機は木造11畳用(鉄筋23畳)の除湿ができて、その除湿量は1日あたり9リットルにもなります。

少々高額で大型ですが、ハイブリッド式は冬場でも使用可能ですので、1年間使い続けたい人には最適の機種です。

衣類が乾くのも早く、ナノイー機能も持ち合わせていますので、部屋で干しても臭くなりません。

この他、東芝が取り扱うRAD-N63であったり、シャープが取り扱うCV-A100などに関しても、大変人気の除湿機です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です